タレントマネジメントシステムに求められる機能~スキル管理

>

今までの人事情報管理システムにおけるスキル管理は、主に公的資格や社内認定資格の取得状況を管理することが目的でした。

しかし、タレントマネジメントシステムにおけるスキル管理は、社員のタレント(スキル)を総合的にマネジメント(管理)するのが目的となります。

 

タレントマネジメントシステムにおいては、社員に求められるスキル項目を設定した上で、社員それぞれが持っているスキルとそのレベルを評価しデータベース化します。スキル項目は、単に項目をリスト化するだけではだめで、会社が社員に求める人材モデルや、職種に応じたタスクフレームを考慮して体系的に定義されなければなりません。

 

1.習得スキルの棚卸

クラウド型タレントマネジメントシステムESIでは、まず最初に、個々の社員が習得スキルの棚卸(自己評価)を行います。

以下の図は、ESIで習得スキルの棚卸を行う画面の例です。この例では、習熟度を6段階で回答するように設定されています。

tms-02-01

 

2.ギャップ判定

棚卸を実施した後は、自分の求められる人材モデルとのギャップを判定します。

以下の図は、ESIで自己評価と人材モデルとのギャップ判定を行う画面の例です。

この例では、営業人材モデルとして職位ごとに6段階のレベルで判定される設定がされており、チェックマークは現在のレベルを、開錠しているマークは条件をクリアしていることを、鍵マークはスキル以外にレベル認定に必要な条件があることを示しています。

tms-02-02

 

3.不足スキルの確認

次に、将来求められるより上位のレベルになるために、どのスキルが不足しているかを確認します。

以下の図は、ESIで上位レベルのスキルに対する現在の達成度を一覧できる画面の例です。

この例では、レベルの判定条件に達しているタスク分類は「✔」マークで、レベルの判定条件に達していないタスク分類は、「×」で表示されています。

tms-02-03

 

4.履歴の保存と時系列での確認

このように、タレントマネジメントシステムでは、社員一人一人のタレント(スキル)の最新の状況をデータとして管理しますが、更新時に以前のデータを削除せずに、履歴として保存しておくことで、人事担当者や上司が社員のレベルアップ具合を時系列にトラッキングすることができるようになります。

以下の図は、ESIで社員のスキルレベルを時系列に表示する画面の例です。

この例では、職種ごとにスキルレベルの平均値を時系列に線グラフとして表示しています。

tms-02-04

 

クラウド型タレントマネジメントシステムESIに関する資料請求/お問い合わせはこちら