タレントマネジメントシステムに求められる機能~目標管理

>

今までの人事情報管理システムにおける目標管理は、主に人事評価や給与査定を行うためのデータを集めることが目的でした。

しかし、タレントマネジメントシステムにおける目標管理は、個々の社員がタレント(スキル)を向上させるための目標レベルやアクティビティを目標として定義し、この目標をスキルと連携させて管理するのが目的となります。

 

1.目標管理フロー(フェイズ)の定義

クラウド型タレントマネジメントシステムESIでは、まず最初に、目標管理のフロー(フェイズ)を定義します。

以下の図は、ESIで目標管理のフロー定義を行う画面の例です。フローにおいては、目標設定と終了時の評価が必須のフェイズになります。

開始と終了の間のフェイズは、自由にいくつでも設定できます。この例では、目標設定後にマネージャが承認するフェイズだけが登録された非常にシンプルな設定になっています。

esi-talent-management-function2

  

 

2.社員による業績目標の設定

フローを定義した後は、社員が自身の目標内容を記載します。

以下の図は、ESIで業績目標の設定を行う画面の例です。この例では、タブを切り替えることで、目標コメント、業績目標(複数登録可能)、タスク分類(業務・能力)、ToDo、トレーニング、スキルそれぞれの内容が入力できるようになっています。

esi-talent-management-function2-1

 

3.総合評価

このように、タレントマネジメントシステムでは、目標を単なる自由形式の文章だけではなく、企業戦力に沿ってあらかじめ定義された、スキル、タスク、研修メニューと連携した形で設定しますので、評価を行う際に、本人や上司の主観的評価に依存せず、客観的で公平な評価を行うことができます。

以下の図は、ESIでマネージャー(上司)が、総合評価を行う画面の例です。この例では、対象社員について複数の目標項目が設定されており、それぞれの項目ごとに上司が入力した個別評価得点から算出される総合評価得点が表示されています。

 

esi-talent-management-function2-2

 

クラウド型タレントマネジメントシステムESIに関する資料請求/お問い合わせはこちら