iCD

> iCD

定義済スキル標準(iCD)を利用したスキル管理の実現~第3回「iCDを使ったスキル標準化手順」

タスクの選択と整理 iCDを利用したスキル標準化の最初の作業は、タスクの選択と整理です。 タスクディクショナリのタスク一覧からタスクを選択し、組織にマッピングします。 ここでは、単に現状(As Is)に基づいてマッピングするだけではなく、将来あるべき姿(To Be)も含めて行います。 以下の例では、 ...

続きを読む

定義済スキル標準(iCD)を利用したスキル管理の実現~第2回「定義済スキル標準とiCD」

定義済スキル標準とは 定義済スキル標準とは、特定職種向けに作成されたスキルテンプレートです。 各職務を遂行するためのタスクを分析し文書化している企業は、それほど多くはありません。このような企業がスキル定義を標準化するためには、業務プロセスの分析から始める必要がありますが、定義済スキル標準を利用するこ ...

続きを読む

定義済スキル標準(iCD)を利用したスキル管理の実現~第1回「スキル管理とスキル標準化」

スキル管理とは スキル管理とは、単に公的資格や社内認定資格の取得状況を管理することではなく、社員のスキルを総合的に管理)することを目的としています。 スキル管理においては、最初に社員に求められるスキルの定義を標準化した上で、スキル項目として設定します。 スキル項目が設定されたら、個々の社員が自己評価 ...

続きを読む