コラム

>

HRテック(HR Tech)とタレントマネジメントの関係~第1回「HRテック(HR Tech)とは」

HRテック(HR Tech)ということばが最近話題となっていますが、その意味は今一つ明確になっていません。 簡単にいうと、「人事関連業務(HR)を最新のIT技術(テック)を使って改善すること及びそれを実現するシステム」になります。 しかし、どういう技術を使ってどのような業務を改善するのかが具体的に定 ...

続きを読む

人事評価とタレントマネジメントの違い~第4回「研修制度との関係が違う」

「タレントマネジメント」という言葉が最近トレンドとなっていますが、その意味を正しく把握している方は意外に少ないのではないでしょうか。 その原因は、以前からある「人事評価」との違いがきちんと理解できるような情報が提供されていないことが原因のように思われます。 そこで、この連載では、「人事評価とタレント ...

続きを読む

人事評価とタレントマネジメントの違い~第3回「昇進とキャリアアップの違い」

「タレントマネジメント」という言葉が最近トレンドとなっていますが、その意味を正しく把握している方は意外に少ないのではないでしょうか。 その原因は、以前からある「人事評価」との違いがきちんと理解できるような情報が提供されていないことが原因のように思われます。 そこで、この連載では、「人事評価とタレント ...

続きを読む

人事評価とタレントマネジメントの違い~第2回「目標の設定・管理方法が違う」

「タレントマネジメント」という言葉が最近トレンドとなっていますが、その意味を正しく把握している方は意外に少ないのではないでしょうか。 その原因は、以前からある「人事評価」との違いがきちんと理解できるような情報が提供されていないことが原因のように思われます。そこで、この連載では、「人事評価とタレントマ ...

続きを読む

人事評価とタレントマネジメントの違い~第1回「そもそも目的が違う」

「タレントマネジメント」という言葉が最近トレンドとなっていますが、その意味を正しく把握している方は意外に少ないのではないでしょうか。 その原因は、以前からある「人事評価」との違いがきちんと理解できるような情報が提供されていないことが原因のように思われます。 そこで、この連載では、「人事評価とタレント ...

続きを読む

失敗しないタレントマネジメントのための3つのポイント~第4回(能力開発と個人面談プロセスの確立)

標準的なスキル定義と会社の求める人財像定義ができあがっても、実際の個々の社員のスキル(タレント)を向上させるための能力開発目標制度がなければ、絵に描いた餅で終わってしまいます。 能力開発目標制度の具体的な中身は、研修、資格取得、個人面談などから構成されます。このような具体的な制度を公表することで、社 ...

続きを読む

失敗しないタレントマネジメントのための3つのポイント~第3回(会社の求める人財像定義)

スキル定義を標準化することで、社員のスキル(タレント)を客観的に評価できるようになります。 しかし、その結果に基づいて、適切な登用・異動・採用を実施するには、会社の求める人財像を定義する必要があります。 この理想的な人材像を、標準化されたスキル定義にマッピングすることで、社員同士の単純な能力比較では ...

続きを読む

失敗しないタレントマネジメントのための3つのポイント~第2回(標準化されたスキル定義)

タレントマネジメントシステムを導入する際には、スキル定義の標準化が絶対条件です。 スキル定義が標準化されていない場合、スキル評価はマネージャの属人的な基準で行われてしまい、評価の公正性がなくなってしまいます。 スキル定義を標準化するには、最初に、現場マネージャが保有している部下スキルの評価基準を分析 ...

続きを読む

失敗しないタレントマネジメントのための3つのポイント~第1回(総論)

タレントマネジメントシステムの導入に失敗しないためには、次の3つのポイントを押さえる必要があります。   1. 標準化されたスキル定義 タレントマネジメントシステムを導入する際には、スキル定義の標準化が絶対条件です。スキル定義が標準化されていない場合、スキル評価はマネージャの属人的な基準で行われてし ...

続きを読む

タレントマネジメントシステムに求められる機能~研修管理

今までの人事情報管理システムにおける研修管理は、単に、研修の実施及び参加状況を管理することが目的でした。 しかし、タレントマネジメントシステムにおける研修管理は、研修を社員のタレント(スキル)を向上させるために会社が提供する施策の中でもっとも重要なものとして位置づけた上で、実施した研修がタレント(ス ...

続きを読む