コラム

>

失敗しないタレントマネジメントのための3つのポイント~第4回(能力開発と個人面談プロセスの確立)

標準的なスキル定義と会社の求める人財像定義ができあがっても、実際の個々の社員のスキル(タレント)を向上させるための能力開発目標制度がなければ、絵に描いた餅で終わってしまいます。 能力開発目標制度の具体的な中身は、研修、資格取得、個人面談などから構成されます。このような具体的な制度を公表することで、社 ...

続きを読む

失敗しないタレントマネジメントのための3つのポイント~第3回(会社の求める人財像定義)

スキル定義を標準化することで、社員のスキル(タレント)を客観的に評価できるようになります。 しかし、その結果に基づいて、適切な登用・異動・採用を実施するには、会社の求める人財像を定義する必要があります。 この理想的な人材像を、標準化されたスキル定義にマッピングすることで、社員同士の単純な能力比較では ...

続きを読む

失敗しないタレントマネジメントのための3つのポイント~第2回(標準化されたスキル定義)

タレントマネジメントシステムを導入する際には、スキル定義の標準化が絶対条件です。 スキル定義が標準化されていない場合、スキル評価はマネージャの属人的な基準で行われてしまい、評価の公正性がなくなってしまいます。 スキル定義を標準化するには、最初に、現場マネージャが保有している部下スキルの評価基準を分析 ...

続きを読む

失敗しないタレントマネジメントのための3つのポイント~第1回(総論)

タレントマネジメントシステムの導入に失敗しないためには、次の3つのポイントを押さえる必要があります。   1. 標準化されたスキル定義 タレントマネジメントシステムを導入する際には、スキル定義の標準化が絶対条件です。スキル定義が標準化されていない場合、スキル評価はマネージャの属人的な基準で行われてし ...

続きを読む

タレントマネジメントシステムに求められる機能~研修管理

今までの人事情報管理システムにおける研修管理は、単に、研修の実施及び参加状況を管理することが目的でした。 しかし、タレントマネジメントシステムにおける研修管理は、研修を社員のタレント(スキル)を向上させるために会社が提供する施策の中でもっとも重要なものとして位置づけた上で、実施した研修がタレント(ス ...

続きを読む

タレントマネジメントシステムに求められる機能~組織と個人の可視化

タレントマネジメントシステムのもっとも大きな効果は、データベース化された社員のタレント(スキル)を、可視化できることにあります。 人材モデルやタスクフレームに沿って体系化されたスキルの修得状況を、特定の組織について、あるべき姿と現状の双方を同時に可視化し、組織や個人の持つ強みや弱みを一目で把握できる ...

続きを読む

タレントマネジメントシステムに求められる機能~目標管理

今までの人事情報管理システムにおける目標管理は、主に人事評価や給与査定を行うためのデータを集めることが目的でした。 しかし、タレントマネジメントシステムにおける目標管理は、個々の社員がタレント(スキル)を向上させるための目標レベルやアクティビティを目標として定義し、この目標をスキルと連携させて管理す ...

続きを読む

タレントマネジメントシステムに求められる機能~スキル管理

今までの人事情報管理システムにおけるスキル管理は、主に公的資格や社内認定資格の取得状況を管理することが目的でした。 しかし、タレントマネジメントシステムにおけるスキル管理は、社員のタレント(スキル)を総合的にマネジメント(管理)するのが目的となります。   タレントマネジメントシステムにおいては、社 ...

続きを読む

タレントマネジメントシステムに求められる機能~総論

タレントマネジメントシステムが、社員のタレント(スキル)を総合的にマネジメント(管理)するためには、以下の4つの機能が必要となります。 1.スキル管理 社員一人一人が持つタレント(スキル)の状況を管理するのがスキル管理です。社員に求められるスキル項目を設定した上で、社員それぞれが持っているスキルとそ ...

続きを読む

研修効果測定の基礎知識:4.研修効果測定をやってみる(2)

研修の全体的な効果を分析する 最初に、研修の全体的な効果を分析してみましょう。 横軸に評価実施時期を、凡例に受講者を取り客観評価の値を集合縦棒で表示します。 そうすると、個人差はあるものの研修の効果は時間を経るに従って表れてきていることがわかります。   受講者別の研修効果を分析する 次に ...

続きを読む